ホーム » 日記 » ドコモに支払う金額はいくらくらい?|何にいくらかかるのかをしっかり把握しましょう!

ドコモに支払う金額はいくらくらい?|何にいくらかかるのかをしっかり把握しましょう!

■解約にかかる費用
最近乗り換えでスマートフォンを買い替える人が
増えてきましたね。

機種変更をするよりぐっと本体代金を抑える事が出来るのが
一番の理由ですが、乗り換えに伴い、前の携帯会社との契約を
解約する際、費用がかかるかもしれないという事をご存知ですか?

ドコモを利用していた人の多くが、何かしらの割引サービスを
受けていたと思います。

例えば(新)いちねん割引を利用していた人は、1年に一度
契約更新をしていたはずです。
その契約更新月以外での解約の場合、3150円の違約金を
支払わなければなりません。

ひとりでも割★50、ファミ割★MAX50は2年に一度の更新で、
更新月以外での解約となると、違約金は9975円にもなります。

MNPでの乗り換えの場合は、この違約金に加えてMNP手数料が
かかります。

ドコモに2100円、ソフトバンクに2835円の合計4935円になるので
違約金と合わせると最大約15000円程度になります。

■ドコモポイントって解約に利用出来る?
この解約にかかる費用は、旧回線では最終回の支払い時に、
新回線では初回に支払い時に同時に請求される場合が多いです。

基本料金などは日割り計算ですが、パケ放題など月単位での
契約は、たとえ利用が1日でも1ヶ月分請求されてしまいます。

丸一ヶ月分に近い使用料金と、最大12000円近い解約費用を
一度に払うのは、かなりお財布に厳しいですよね。

ちょっとでも安く済ませたいので、貯まっているドコモポイントを
解約費用に使えないかと思う人もいるかもしれませんが、
残念ながら解約の違約金などにはポイントを使う事は出来ません。

また、解約と同時にポイントは消滅してしまいますので、
解約までに使い切ってしまわなければなりません。

ただし使えるのは、修理・本体購入・アクセサリ購入と、
範囲が非常に狭いです。

次に買う機種を決めているのならば、その機種に対応している
アクセサリをポイントと交換しておくのもいいかもしれませんね。

■ソフトバンクに乗り換える利点は?
ポイントが使えないのならば、やっぱり解約費用は全て自分で
負担する事を覚悟しなくてはならないのでしょうか?

実は、解約費用はソフトバンクに乗り換えるだけで、自己負担額は
実質0円になるんです。

ソフトバンクには、バンバンのりかえ割という割引サービスが
あります。

いくつかの特典から好きなものを一つ選ぶのですが、
一番オーソドックスなホワイトプランの基本使用料2年間0円を
選ぶと、毎月の料金から980円が2年間割引されます。

これを合計すると980円×24ヶ月で23520円となり、解約費用に
充てても余るくらいです。

更にショップによっては「解約金負担キャンペーン」を行っている
所もありますので、見かけたら是非利用してみて下さいね!

Return to page top

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。